マインドパペット日記

MIND PUPPET BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔法使いの庭師の夢

こんな夢を見ました。

--------------------------------------

庭師

「ウィザード」というバンドのボーカルがうちに住み着いている。
長身長髪の汚い男だ。一週間くらい風呂に入っていなさそう。
二階の部屋の窓から、一日中外の墓地を見ている。
しかし俺は彼の事は全く気にせず、普通に日常生活を送っている。

--------------------------------------

内容はたいした事無いんですが、妙に鮮明で、起きてからもしばらく夢だと気付かなかったくらい。
こういう鮮明な夢って、大抵何か意味があるんですよね。
思い当たるのは、三郎のサブパペットの「庭師」。
出て来そうで出て来ないから、多分こいつだと思います。

ところで、「ウィザード」ってバンド、実在するんですね。
日本のビジュアル系バンド、イギリスのロックバンド、ドイツのヘビメタバンド……
俺は全く知らなかったから、てっきり夢の創作かと思ってました。
どこかで目にする機会があって、それをヤミタが覚えてたのか、それとも偶然か……
ありがちな名前だから偶然だと思うけど、夢に出て来たからには何らかの意味があると思います。

『ち』さんが言うには「ウィザード」には普通の「魔法使い」という意味だけではなく、
「何かの専門家」というような意味もあるとか。
そう言われてみれば、ハッカーの俗名だったりもしますよね。
……ハッ! まさか「30才を超えた童貞」って意味の「魔法使い」なんじゃ?(笑)
いやいや、バンドのボーカルが童貞のワケねーんじゃ……やっぱ「エキスパート」って意味かな?

じゃあ、この男が一日中外を見てる理由は?
二階のこの部屋から見えるのは、雑木林と墓地だけなんですが、この男が件の「庭師」だとすると辻褄が合います。
三郎のステージ「メサイアクワサイア」は「弔いの庭」という別名もあるくらいで、庭と墓地を兼ねています。
そう思うと「庭師」が墓地を見る理由にもなるような気がします。

……って事は、俺が墓地好きなのって、自分の心象風景……「弔いの庭」に似てるから?
俺はそうと気付かず、今の部屋を選んだのか?
うーん、単なる偶然のような気もしますが、でも墓地の傍ってやっぱり落ち着きます。

夢の中では顔は見えなかったんだけど、「庭師」のイメージで少し描いてみました。


マインドパペット 庭師


三郎と庭師は「葉」と「根」の関係にあります。
だから庭師は根っこのイメージで。
身体からも服からもニョロニョロと根っこが出て、常に地面と繋がってます。
もの静かで落ち着いた性格。大地と繋がって生きる事が喜び。
庭と植物以外にはあまり興味の無いタイプ……まさか本当に魔法使い?(笑)

遠くへ遠くへ伸びて行こうとする三郎は、自分の「根」の存在を認めてません。
自分のルーツ……故郷、家族、血筋、郷愁、思い出、それに派生する面倒な事全て……
そんなものから逃げて来た三郎は、自分を根無し草だと思ってる。

だけど本当に根無し草なら、逃げる必要も無いでしょう。
何かに捕まるんじゃないかと怯えているのは、自分に根っこがあるのを知ってるからです。
最初は「少しだけ…」と腰を下ろした場所に、知らず知らずのうちに居着いてしまって、
気がついたらしっかり根っこが生えていた……そんな事が怖いから、同じ場所には居られない。

自分の中の「根っこ」の存在を知っていながら認めず、自分は根無し草だと思おうとしているから、
「もう少しここに居たいのに…」と思いながら腰を上げ、根っこのある人たちに対する憧れと軽蔑を
押し殺して生きなきゃならない。

それでいいのか三郎よ。
外界からは逃れられても、自分からは逃れられんぞ……。


しかしコイツがバンドのボーカルってのが、どうにも解せません。
ボーカルはブラァンとモーニャがいるから、ドラムとかベースとかやって欲しいよ~

--------------------------------------

以下、拍手コメント返信です!
匿名さん、SSOSさん、オオハシさんへ>>
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/12/09(金) 18:45:19|

夢日記・背中のリボン

こんな夢を見ました。

夢日記 背中のリボン

夢の中では、誰もが背中に二本の長いリボンを付けている。
それは着物の帯のように複雑な結び方があり、TPOに合わせて変化するものらしい。

流行によって多少変化するようだが、一般的にフォーマルでは短め、カジュアルでは長め。
また年齢が上がるほど、キチンと短めに結ぶようだ。
いい年をしてリボンを長く垂らしていると「若作り」だと言われる。

俺はふと、自分の背中のリボンが気になり、どうなっているのか見てみようとするが、首が回らずによく見えない。

------------------------------------------------------------

最近うっかり首を寝違えて、それがまだ完治してないのですよ。
だから夢の中でまで首が回らない……w
俺の背中のリボンはどうなっていたんだろう?


さて、追記で拍手返信です。
匿名希望さんへ >> 続きを読む


テーマ:夢日記 - ジャンル:心と身体

  1. 2011/09/04(日) 18:50:37|

イラスト夢日記

中学生くらいの女の子を膝に乗せて、カヤックのような小さなボートで川下りをしている。
身体が密着してるので、胸とか触らないように気を使う。
彼女も恥ずかしがって緊張しているが、嫌われてはいないようだ。

ボートは明るい森の中を行く。
ナンバンギセルがたくさん咲いている。川も森もすごく綺麗。

マインドパペット.夢日記


あちこちに夢日記を書き散らかしてるので、どこかにまとめようと思って夢日記用のブログを借りました。
簡単な落書きをつけてupしようと思ってるけど、量があるのでけっこー大変です。
夢は毎日見るけど、それにいちいちイラスト付けてらんないからなぁ……。
そのうちただの夢日記になるかも(笑)。

ブログパーツにして、サイドバー(←)に追加しておきました。
とりあえず今日は、ツイッターにメモした夢日記5点追加。
↓こちらからどうぞ。

イラスト夢日記

リンクもご自由に!




テーマ:夢日記 - ジャンル:

  1. 2010/06/05(土) 22:51:26|
  2. | コメント:0

判読不明の夢日記

今日は夢日記の話。

ツイッターの方でも夢日記を付けていますが、携帯で投稿できるから手軽な反面、難しい部分もあります。
印象に残った部分だけ切り取って書いてますが、書き切れない事もたくさん。
特に、文字に出来ないビジュアルイメージの夢をツイッターに書くのは無理。
そういう場合、枕元に置いてあるノートに書きます。

今日、そのノートを見返したら、全く見た覚えのない夢日記が書いてありました。
なんだろ、これ……?

夢日記

なんだかちっとも解りませんが、どうやら「おろんさま」というもの? みたいです。
汚いけど、文字はなんとか読めます。

夢日記2

……ここ以外は。

  ●●●みてから
  きてそう。ななめ前

……かな? ●●●の部分は判読不明。全く覚えてないだけに、妙に気になります。
これ、なんて書いてあるの? もう少し解るように書いてくれよな、俺。


あちこちに夢日記を書き散らかしてるので、そのうち簡単なイラストをつけて、どこかにまとめようと思ってます。そのうちね(笑)。



にほんブログ村 その他日記ブログ 見た夢へ


テーマ:夢日記 - ジャンル:

  1. 2010/05/25(火) 23:52:38|
  2. | コメント:0

まちがいカメラ

この前、Twitterの方にも書いたけど、妙な夢を見たので絵を描いてみました。

エラー015

俺は聖路加病院の庭で誰かと待ち合わせている。
そこに中学生くらいの男子が近づいて来る。
エラーのようなファルロスのような少年だ。

その子が俺にカメラを渡し「僕の写真を撮って欲しいんだけど」と言って来る。
カメラには蛇腹があり、半分アコーディオンになっている。
そのアコーディオンを弾いて、良い音が出るとピントが合う。
音を間違えるとシャッターが切れない。すごく難しい。

俺は苦労して少年の写真を撮るが、モニタで確認しても風景は写ってるのに少年は写っていない。
それを言うと少年は悲しそうに「やっぱり…」と言う。
「このカメラは『まちがいカメラ』だからね。『まちがい』は写らないんだ」そう言って去って行く。

---------------------

視覚にこだわるエラーらしく、アイテムはカメラ。
カメラ小僧のエラーという設定は今まで考えつかなかったけど、なかなか似合ってると思います。
「まちがいカメラ」をエラーのアイテムとして取り入れようかな。

自分の写真を見たいけど、自分の姿は映らない……という設定は自己確認欲求が満たされない事の比喩かな。
でも「やっぱり……」と半ば納得しているところがエラーらしい。
自分の存在は間違っている、という自己イメージを確認して去って行く。
これもひとつの自己確認ですね。

この話の続きを描きたいな……
去って行くエラーをサクラが「待って!」と呼び止めて、「じゃあ今度は僕の写真を撮ってみてよ」と言う……って話。
……って、描きたい話がいっぱいありすぎて、手が追いつかないんですが(笑)。

そしてこのエラー、ファルロスの声だったけど似合ってました。
いい感じにイラッと来るんだよね……じゃ、エラーの声は石田彰って事で!


拍手コメ返信>
続きを読む


テーマ:夢日記 - ジャンル:

  1. 2010/01/21(木) 12:45:43|
  2. | コメント:2

ヤミタのタマゴ

奇妙な夢を見ました。

--------------------

俺はテーブルに座り、茹でタマゴを剥いている。
タマゴを剥くと、その表面に油性マジックでヤミタの絵が描いてある。

マジックのついたタマゴを食べるのは嫌なので、もうひとつ剥く。
するとそれにもヤミタの顔が描いてある。

確かに自分の絵だが、タマゴにラクガキした覚えは無い。
不審に思い次々と卵を剥いて行くが、どの卵にもヤミタの絵が描かれている。

ヤミタ卵014

--------------------

なんだろこの夢。ヤミタの卵か……食べれば良かったかな?
ゆで卵にラクガキした事は無いけど、油性マジックで描くのはちょっと面白そう(笑)。


拍手コメ返信>
続きを読む


  1. 2010/01/18(月) 23:26:48|
  2. | コメント:2

地続寺の闇人少女

不思議な夢を見ました。

---------------------------------------

夢005

三郎が、サクラを連れて都内の「地続寺(じつづきじ/実在せず)」を訪れる。
本堂の後ろに大きな土牢がある。その中の「闇」がご本尊だ。
そこに願をかけるらしい。

三郎
「願いを思い描きながら、闇に向かって思いっきり賽銭を投げて下さい。
 もしも水に落ちる音がしたら、その願いは叶いません。
 けれどもしも土に落ちる音がしたら、その願いは叶うでしょう。
 ただし、絶対に闇の中を見ようとしてはいけませんよ」

三郎はそう言って、どこかに行ってしまう。
サクラは賽銭を投げる。しかし、何の音もしない。
サクラは土牢に近づき、その中を見る。

闇に目を凝らすと、そこには綺麗な池がある。水は浅く、池と言うより湿原だ。
明るく柔らかいな日差しが降り注ぎ、水面がゆらゆらと輝いている。
その中に、小さな島がある。いくつか賽銭が落ちているのが見える。
なるほど、これで水に落ちる音がしたり、土に落ちる音がしたんだりするんだな、とサクラは思う。

一面に、たんぽぽの花が咲いている。
土のある部分だけではなく、水の中にもたくさん咲いている。
とても綺麗な光景だ。

すると、左手から誰かが現われる。
まだ若い母親と、小学生くらいの少女が手を繋いで歩いている。
マッシュルームカットの少女は、茶色いポンチョとお揃いの帽子を被り、少しめかした格好だ。
母親の方はサクラに気付かず通り過ぎるが、少女の方は気が付いて、サクラをじっと見ている。

夢2006

そこに三郎が戻って来る。
「何やってるんですか!」と怒鳴ると、サクラを土牢から引きはがす。
「中を見るなと言ったでしょう!」三郎は真っ青だ。

この闇の中にいるのは「闇人(やみびと)」で、彼らと関わりを持つのは危険だと三郎は言う。
闇人に魅入られると、闇の中へ引きずり込まれてしまうと。


三郎はサクラを連れ、スペアを探しに行く。

(この途中、色々あるけど省略)

スペアを見つけ、事情を話す。
と、スペアが不安になり、頭のビーカから何かが出て来る。

サクラの人形だ。
あまりサクラには似ていないが、ビニール傘とたんぽぽの花を持っている。

三郎が「僕がいいと言うまで、この身代わり人形を肌身離さず持っていて下さい。」
スペア「き……きみは忘れっぽいから……し、心配だなぁ……」
三郎「眠る時も、風呂に入る時も、ですよ? 行きましょう、スペア」

三郎とスペアはどこかに行ってしまう。

---------------------------------------

すごくハッキリした、夢らしくない夢でした。
パペットもちゃんと設定に忠実で、まるで誰かが作った物語を見てるみたい。
この女の子、誰だろう? 見た目はサクヤだけど、印象は違ってた。
また出て来るかな……?


テーマ:夢日記 - ジャンル:

  1. 2010/01/11(月) 15:13:35|
  2. | コメント:0

初夢

初夢

「湖」という字がある。
さんずいの真ん中の点は「ニュードレン」という名前だ。

「違」という字がある。
真ん中の部分は「なかはずら」という名前だ。

どうやらこれは「しんにょう」や「のぎへん」などと同じく、部首のようだ。

---------------------

説明するとこうなりますが、ビジュアルも無く音も無く、ただ情報だけの夢。
よりによってどーだっていい初夢ですが、Twitterで説明するのは大変そうなので、こっちに書いてみました。
縁起いいの? 悪いの?(笑)


拍手レス私信>>

続きを読む


テーマ:夢日記 - ジャンル:

  1. 2010/01/01(金) 21:40:38|
  2. | コメント:2

自分のアンジー他人のシモーヌ

他人のシモーヌ

パペットの夢を見ました。

--------------

俺の暗示郎と他人のシモーヌが森の中で戦っている。
他人のシモーヌは、ポニーテールでピンクの髪、白いワンピースを着ている。
俺の暗示郎の方がずいぶん強い。だいぶ力に差があるようで、アンジーは余裕で受け流している。

戦っているうちに森を抜けて村に出る。
シモーヌがニヤリと笑い、次々と通りがかりの村人に斬り掛かる。
暗示郎は慌てて、村人の回復に走り回る。
その暗示郎の背中にシモーヌのナイフが刺さる。
倒れる暗示郎。

と、そこにオロカが出て来る。なぜか三等身だ。
チビオロカがシモーヌに斬り掛かる。
「関係無い人を巻き添えにするな」と怒っている様子。

このオロカは、俺のオロカなのか他人のオロカなのか分らない。
暗示郎が戦闘不能になったので、小さいオロカvs弱いシモーヌの戦いになるが、互角のようだ。

--------------

なんだかものすごく心当たりのある夢でした。
夢って本当に良く出来た例え話なんだと実感。

そうか、俺は暗示郎で戦ってたのか……。
三等身のオロカの正体は不明。なぜ一人だけ頭身が違うんだろう?
ヤミタ、続編見せてくれ。


テーマ:夢日記 - ジャンル:

  1. 2009/12/24(木) 02:07:10|
  2. | コメント:0

第四の原色

こんな夢を見ました。

---------------------------------

俺はテレビのニュースを見ている。
番組の中で「最近、赤/青/黄色以外の第四の原色が見つかった」という話をしている。
その色は、人間を含めて動物には見えないけれど、自然界には元から存在していて、昆虫や植物には見えているらしい。

普通は人間には見えないその色を見る方法がある。
三角が3つくっついたような形の布を作り、それを顔にかける。
こうすると「第四の原色」が見えるらしい。

第四の原色

テレビの中でレポーターが、試しにつけてみている。
レポーターは「すごい!」「今まで見てた世界とは全然違う!」と興奮している。

---------------------------------

植物の絵ばっかり描いてるからこんな夢を(笑)。
我々が知ってる世界は、植物や昆虫の世界とは全然違うんだろうな。
第四の原色か……見てみたいな。


テーマ:夢日記 - ジャンル:

  1. 2009/09/29(火) 13:28:00|
  2. | コメント:0

ひとつ目の赤ん坊

不思議な夢を見ました。

----------------------------------------

俺は実家にいて、庭の池でシロクマを飼っている。
中型犬サイズのシロクマだ。
そのシロクマが子供を産む。
それは人間の赤子のようだが、目はひとつで鼻は無い。
その目も、ポッカリと穴が空いているだけで目玉は無い。

俺はクリスマスツリーのオーナメントに絵の具で瞳を描いて、目玉を作ってやる。
それを赤子の顔にはめると、本物の目玉になる。

単眼

赤子が「お心遣い、感謝する」と言う。
この赤子、見た目は赤子だが中身はおじさんで、北大路欣也のような声で喋る。
そして「私を連れて○○の駅で降りて、○番線の○○行きのバスに乗れ。
終点のすぐ側に橋があるから、その橋を越えて一番最初に出会った人間の言う通りにしろ」と言う。

俺はその通りにしようと思い、赤子を抱いて電車に乗ろうとするが、色々あってなかなか乗れない。

----------------------------------------

なんだろう、この「みそ買い橋」のような夢は? オチはどうなるんだ。気になる!
この赤子は、気味が悪いけどなんだか妙な迫力があって、言う通りにした方がいいんだろうなーという気がしました。
目玉の色が緑だから、多分これはヤミタだろうな。
ヤミタが何か言いたがってる……? 何だろう??

一度夢日記を書くと、こんな風に連鎖して重要な夢を見る事が多いような気がします。
また続編を見るかもしれないから、枕元にノート置いて寝よう……。


テーマ: - ジャンル:

  1. 2009/09/14(月) 20:19:37|
  2. | コメント:0

MSの見える星空

こんな夢を見ました。

---------------------------

俺は小学生くらいで、うちの婆さん(故人)と土手を歩いている。
親戚の葬式の帰り道らしい。満天の星空がきれい。

ドム

婆さんが「この辺は田舎だけんなぁ、星がキレイだわ。よく見ればドムも見えーよ」と言う。

俺は(そっか。田舎ではモビルスーツも見えるのか……)と思ってる。

---------------------------

婆さんが出て来て懐かしかったけど、ドムを知ってるとは(笑)。


テーマ: - ジャンル:

  1. 2009/09/10(木) 22:35:50|
  2. | コメント:0

オーラ力でブレーカーが

今朝見た夢。

ドグマと、犬のエイリアスが戦っている。力は互角で、どちらも傷だらけだ。
最初は肉弾戦だが、そのうちオーラ力が暴走して、両者がハイパー化した(ダンバイン……)。
二つの力がMAXになった時……

「バチン!」という大きな音がして目が覚めた。
どうやらブレーカーが下りたらしい。
俺は「そうか……オーラ力の使い過ぎでブレーカーが下りたんだな」と思ってる。
ブレーカーを上げようとして廊下に出ると、廊下に白い手袋がたくさん落ちている。

……という夢。

トンネル

夢の中で夢から覚めました。
犬のエイリアスなんてほとんど存在忘れてたのに(笑)。
白い手袋と言えばブラァンのアイテムだけど、ブラァンの出番は無し。

そう言えばこの前、俺は寝言で「スパッツでもいいじゃん!」と叫んでいたそうです。
でも内容は全然覚えてない。スパッツって……何があったんだお前(笑)。


  1. 2009/03/31(火) 17:20:32|
  2. | コメント:0

昔の夢日記

拍手コメントの方で、「以前の日記が見たい」と言って貰ったので、過去のファイルを探してみました。
俺は削除魔というほどしょっちゅう消してるわけじゃないけど、やる時はガーッとかなり徹底的に消します。
前のブログも全部消しちゃって、過去の物がほとんど残ってないんですよ。
せっかく見たいと言ってくれたのに、ごめんなさい!

でも、たまたま生き残ってるファイルもありました。
すごい昔の夢日記!

ピクチャ 5

自分でもほとんど忘れてたけど、読んでみたら結構面白かった。なつかしー。
無事なファイルを救い出したので、リンクしておきます。

>>夢日記

こうやって絵付きで記録しておくと、後で見てなかなか面白いです。
面白いのは本人だけかもしれないけど(笑)。
最近見た夢も、同じページにアップしようかな……。


それから、『100のお題』に、「マルセルのドレス」と「アルファベット」を追加しました。
色塗りしてくれた方々、ありがとう! 引き続き募集中です。

そして新しいお題として「猫耳マルセルとシモーヌ」「十字架」を頂きました。
こちらもありがとうございます!

……ちょっと思ったんだけど「100のお題」のお題、もう100超えてないか……?
ま、いいか! どんどん描きましょー。



  1. 2009/03/06(金) 20:57:42|
  2. | コメント:3

努力と言う名の馬に乗り

ケンタウロス統合


こんな夢を見ました。

-----------------

俺は職場に行く為に市営バスに乗る。
バスは山奥のウネウネした道を走って行く。
急にバスが止まった。故障のようだ。
助けを待つが、日が暮れて寒くなって来る。心細い。

すると、乗っていた乗客の一人(どうやらオロカらしい)が、変身してケンタウルスの姿になった。
そこに他の乗客が群がる。ドグマのようなサラリーマンもいれば、マルセルのような主婦や、暗示郎のような学生もいる。
皆、口々に「自分を乗せて行け」とか「向こうの方角に行け」とか勝手な事を言っている。
オロカは怒って「お前らみんな降りろ!」と言っている。

----------------

オロカがケンタウルスというのは、ちょっと意外だったけど納得。

オロカっていうのは、俺の中の、努力や根性や……とにかく泥臭い「頑張る気持ち」の擬人化です。
でも、オロカ一人じゃ指針が無く、何を頑張ったらいいのか解らない。
そこで他のパペットが上に乗って指図しますが、誰が騎手かでオロカの行く手は変わって来ます。

理想を追うのも、日々の生活を維持するのも、オロカの努力無しでは出来ません。
三郎が逃避するのだって、誰々丸が聖域を守るのだって、それなりの努力が必要なわけで。

それぞれのパペットは、一人でも自分の目的を目指すけど、オロカがいればだいぶ楽。
徒歩でも行けない事は無いけど、乗り物があればもっといい。
オロカってのは、その乗り物みたいなものじゃないかと思います。

そのオロカにみんなが乗りたがる。自分の目的の為に努力しろと口々に言う。
そんな事で大喧嘩。しまいにはオロカがキレて、誰も乗せずに暴れ馬(笑)。

俺のそんな状況をよく反映した夢だと思いました。
そうか……ごめんよオロカ。俺はアレもコレもいっぺんに欲張りすぎだよな。


  1. 2009/02/19(木) 01:42:31|
  2. | コメント:0

魚屋のそばの見世物小屋の話

見世物小屋007

子供の頃、小学校に行く途中の通学路に魚屋がありました。
そこの軒先でよく、魚屋のおじさんが大きな魚をさばいていました。
そのさばいた魚の血は道に流れ出して、反対側の排水溝まで流れて行く。
港町としてはごくありふれた風景で、俺は特に気にする事も無く、いつも血だらけのアスファルトをベチャベチャと踏んで、学校に行っていました。

その魚屋のはす向かいに空き地があって、ごくたまに見世物小屋が立つ事がありました。
昭和初期っぽい絵柄のグロテスクな看板。
「怪奇! 蛇女」「双頭の猫」「びっくり箱男」などの煽り文句。
けばけばしい色の幕と、調律の狂った音楽。

通学路と言う日常的な空間に、ある日突然現れる非日常。
俺はその見世物小屋に入ってみたくて仕方なかったけれど、親や近所の人たちに禁止されていて、横目に見ては通り過ぎていました。

怖い、気持ち悪い、という気持ちもあったけど、それ以上に何か惹かれるものがあって……
強いて言えば「郷愁」とでも言うような、懐かしく甘苦しい感覚。

子供らしい想像力で、自分は本当はこの世界の住人じゃなくて、あの見世物小屋の人々の仲間なんじゃないだろうかという空想をしていました。
きっとあの見世物小屋の中には、俺の本当の家族がいて、本当の仲間がいて、俺はそこでなら受け入れられる。
きっといつか蛇女や箱男が俺を迎えに来て、この退屈な世界から連れ出してくれる。
そんな甘い空想。

けれどその見世物小屋は、ある日突然消えてしまいます。
そんな時に俺は、何か自分だけ置き去りにされたような、見捨てられたような、なんとも心細い気持ちになっていました。


今でも時々、あの道の夢を見ます。

夢の中で俺は、誰か(兄弟や友達)を探している。
そしてその人は、あの見世物小屋にいるらしい。
俺はそこに行こうとするけれど、魚屋から真っ赤な血が流れ出して来る。
見ている間にそれはどんどん大きくなって、しまいには川のようになってしまう。
俺はどうしてもその血を超える事が出来なくて困っている……というような内容です。

きっとあの見世物小屋にいるのは、俺のパペットたちなんだと思います。
次はきっと血の川を超えて会いに行くから、俺を置いて行かないでくれよな、ヤミタ。




  1. 2008/12/06(土) 11:50:18|
  2. | コメント:0

……… 本館サイト ………

マインドパペット
マインドパペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。