FC2ブログ

マインドパペット日記

MIND PUPPET BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恋愛

究極の自己陶酔にして究極の自己放棄

究極の自己陶酔にして究極の自己放棄

-------------------------------------------------------

『100のお題』から。テーマは「恋愛」。
サクラとサクヤです。クリックで拡大。




最初に言っちゃいますが、俺は恋愛に関して決して淡白な方じゃありません。
むしろその逆。グラグラのヨロヨロ。他の事なんて何も考えられなくなっちゃいます。

でも、恋愛観は悲観的だと思います。
恋はひとりでするもの。結局は自己愛の延長。ひとりよがりだと。
その人自身を見てるんじゃなくて、その人に映した自分のイメージを見てる状態。

だから、当事者にとってどんなに美しく魅力的なものだとしても、
恋とは根本的に、淋しく、虚しく、孤独なものだと思っています。
強い感情だから「本物」なんじゃない。離れられないから「好き」なんじゃない。
結局は自分の問題。自分だけの問題。


じゃあ恋に関して全面的に否定的かと言うと、そうでもありません。
もしも恋が恋で終わるなら、それは美しいだけの無意味な幻想かもしれません。
でも恋は、愛へ至る可能性がある。
絶対ではないにしろ、ひとりの世界からふたりの世界へ行ける可能性がある。
恋は愛の入り口だから。

一人の相手とガッツリ向き合う機会ってなかなか無いと思います。
でも恋愛はどうしたって真剣に一人の人間と向き合わざるを得ない。
その動機が愛ではなく執着だったとしても、他人と関わる良いチャンスだと思います。
そのチャンスを生かして、恋を愛のステップにしてこそ、その恋は有意義なものになるんだと思います。

恋は入り口。恋は架け橋。恋は次のステージに行く為のワンステップ。
結果として、他人と、そして自分と向き合えるキッカケになるなら、恋は素晴らしいものだと思います。


  1. 2009/05/24(日) 22:31:13|
  2. パペット雑記
  3. | コメント:0
<<花の名前 | ホーム | 視線恐怖と接客業>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

……… 本館サイト ………

マインドパペット
マインドパペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。