FC2ブログ

マインドパペット日記

MIND PUPPET BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無知

マインドパペット エラー 無知


何も知らない子供の頃を
僕は知らない 思い出せない

けれども不意に浮上する
甘い甘い 無知へのあこがれ


--------------------------------------------------


エラーの上にいるのは「無知」です。
新しいパペット……正確には「パペットのパペット」なんだけど、これを説明するのは少しややこしい。

「パペットのパペット」は、そのパペットの存在の根拠であり、また捨てた部分でもあり、無意識の部分でもあります。

暗示郎のパペットに「ランダモーニャ」がいますが、これは鬱々とした「本音」のパペット。暗示郎がなぜ嘘をつくかと言うと、ランダモーニャがいるから。社会に適応する為には、鬱々とした本音を隠さなければならないからです。

そしてまた、モーニャは暗示郎が暗示郎である為に、捨てた部分でもあります。暗示郎は「自分は明るく楽しい人間だ」と思う為に、鬱々とした本音を捨てたつもりでいる。でも、この「隠さなければならない本音」があるからこそ、暗示郎は暗示郎なわけで。抑圧してるものはまた、存在の根拠でもあるんですよね。


同じように、ドグマのパペットに「エイリアス」がいます。これはパーフェクトな長男のモデルケースで、俺の理想像にも近いですね。
けれどこの理想像はとても危険なんですよ。自分が理想の長男エイリアスである為には、他のパペットをたくさん殺さなければならない。「自分はこうあるべき」という思いが強すぎて、その為にたくさんの感情を犠牲にしてしまう。他のパペット同士がぶつかっても対等な「葛藤」になるけど、エイリアスが出て来ると「葛藤」ではなく「抑圧」になってしまう。フェアな対決じゃなく、一方的な虐殺になってしまう。

だからドグマは「長男エイリアス」という役割を捨てました。俺はテメェらの思ってるような聖人君子じゃねーし、こんなの自分の理想でもないと。実際は、もっとガツガツして独裁的で汚くて、野心的で下品なんだぜ! と。
でもエイリアスという理想像があるからこそ、そのアンチテーゼとしてのドグマが存在してる。捨てたつもりでも依存してるし、押し殺しても浮上して来る。だからドグマが無我夢中になると、無意識のうちにエイリアスとして振る舞ってしまいます。


さて、エラーのパペット「無知」ですが……これは「幸福感」のパペットです。
エラーが捨てたつもりのもの、そしてエラーがエラーたるゆえんになっているもの……それを考えると、すごく幼い頃の、自分と世界がまだ一体だった頃の感覚じゃないかという気がします。自分が努力して何かを成し遂げたというような、積極的な幸福感じゃなくて、ただ不満を知らないだけの幸福感。その感覚が残ってるからこそ、エラーは日々の些細な事に不満を感じ、傷つき嘆く。

エラーは、自分は世界一不幸だと思ってるけど、その奥には幸福感があるような気がします。不幸だと感じる為には、幸福の基準が無くてはならない。エラーは他のパペットより、求める幸福のレベルが高い。エラーにとって幸せは、自らの努力で勝ち得るものではなくて、最初から当たり前にあるようなものであり、誰かから自動的に与えられるもの。だから幸せになる努力もせずに、不満ばかり言ってるんだと思います。「あるはずのものが無い。あったものが消えた」と。

エラーはきっと、何も知らない子供の頃に戻りたいんだと思います。いや、もっと言えば、生まれる前の子宮の中に……エラーの無知に対する憧れは、自殺願望のようにも見えますが(本人もそう思って、死にたい死にたい言いますが)、実際には体内回帰願望のようなものだと思います。


で、「無知」は、名前の通りに無知です。不幸を克服した幸福ではなく、不幸を知らない幸福。生まれたばかりの赤子のように無垢で、自分が何も知らない事も知らない。

でもそれって幸せかなぁ……と思います。保護者の無条件な愛を信じ、満たされてるのを当たり前と感じ、ただただ、何も知らない。なんだか、自分が死んだ事に気付かない幽霊みたいだな、と思います。悲しい事を嘆く事が出来ないって、ものすごく不幸なんじゃないの?

無知が幸福な分だけ、エラーが不幸を感じる。だから、無知が成長し、少しでも生きる苦悩を知ったら、エラーの辛さが少し減るのかなーと(今のところは)思ってます。


マインドパペット 無知 エラー



無知の外見は、まだちょっと不安定。服装も髪型も年齢も、また変わって行くと思います。
設定もまだ全然出来てません。事故で死んだ子供か、水子のような印象。
イメージカラーは象牙色。誰々丸のような純白じゃなくて、優しいミルク色です。



テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/12/03(金) 12:49:19|
  2. パペットイラスト
  3. | コメント:4
<<天の邪鬼の判官贔屓 | ホーム | 黒いトランク続き>>

コメント

不変の子

basiさん>

返信遅れましてこんにちは!
書き込みありがとうございますv


> 彼女の中には、彼女が認識しなかった過去が、
> 意識と言うフィルタリングなしで降り積もっているのかも……。

うん、そうそう。無知は見た目がサクラに似てますが、サクラとはある意味真逆の存在だと思うんです。
サクラは意識。そして成長性の象徴。
けれど無知は意識とは遠い場所にいる、不変の存在。

我々が普段回想する過去は、過去そのものではなく、過去の経験を元に作られたフィクョンですよね。
どんなに辛い思い出も、都合の良いように編集されて、自我を支える柱になってる。
それでも編集し切れない辛い経験は、思い出せないように鍵がかかってる。

けれども無知の場合、過去も未来も無いから、過去を編集する必要もない。
意識というフィルタリング無しの、過去そのものが詰まってるような気がします。

それはね……ちょっと想像できない部分もありますが、やっぱりなんだか怖いですね。


> かならずその人の幼年時代が、丸まるとして存在している、

あぁ、うん。解るような気がします。
都合良く編集されていない過去、フィクションではない過去そのものが丸々と存在していて、それがその人の創作の源泉になってる……って感じはありますよね。

それは不変で永遠で、どんなに成長しても消えないものだと思います。
それだけに、幼年時代って大事ですよね。


> 無知のポジティブな面? 幸福の記憶というか……。

そうですね。無知は「停止」であり「永遠」ですが、その良い面というのは、永遠に変わらない瑞々しい子供心とか、大人になっても純粋さを持ち続けられるって事だと思うんです。
それは人が生きる上で、倒れそうになった時に支えてくれるものでもあると思うし、創作の源泉にもなる。
けれど悪い面が出ると、甘えとか固着とか停滞とか、成長しようとしない力になる。
エラーは文句を言いつつ変わろうとしませんが、それはエラーの中の無知の「不変」のエネルギーが働いているんじゃないかと思います。


> 彼女が丸まるとしたまま、同時に大人でもあるように成長していけるのか、
> それとも、止まったまま幽霊になるのか……。
> それがエラーの辛さに大きく関わってくるんだろうなー……

そうですね……
無知自体は良いものでも悪いものでもないけど、場合によっては良くも悪くも作用すると思います。
無知自体は成長する事は無いかもしれないけど、エラーが無知を自分のものと自覚して成長すれば、エラー自体の生きにくさが軽減するような気がします。

けれどもパペットがどう変わって行くかは、俺の与り知らぬところ……
ぼんやりと、良い方向に変わってくれればいいなと思っていますw
  1. 2010/12/16(木) 13:26:31 |
  2. URL |
  3. 佐倉シノブ #G0fd/iWE
  4. [ 編集 ]

被保護者

アルセりおさん>

返信遅れましてこんにちは!
コメントありがとうございますv

> 私は、「無知」って悲しいというか怖いと感じてしまうんですよね。

うん、そうですよね。悲しいし、怖い。危ういし、歯がゆい。
それに、無知だと一人じゃ生きて行けない。保護者がいないと生きて行けないという状況は、とても不自由で屈辱的だと感じます。本人が知ってても知らなくても、自分の命を質に取られてるようなものですからね。無意識にでも保護者の顔色を窺ってしまうと思います。

俺はそれが悲しいと思います。
一人で生きて行けないって、悲しい。


> 私にとっての無知のイメージは、食虫毒か不治の病で死んだ子かな?

なるほどー。食中毒は似合いますね。不治の病だとしたら、その事を本人が知らず、不安にも思わない状態かなー。
  1. 2010/12/16(木) 13:22:27 |
  2. URL |
  3. 佐倉シノブ #G0fd/iWE
  4. [ 編集 ]

来ましたね~。

おー、無知、来ましたねー……。
前に佐倉さんが、無知を描くのが怖いようなことを言ってたのを
たまたま読んで、(ついったーででしたっけ?)
それから彼女がちょっと気になってました。

無知はイノセンス。そして幼少時代。
何も知らず真っ白で、感じたことを認識しない。
彼女の中には、彼女が認識しなかった過去が、
意識と言うフィルタリングなしで降り積もっているのかも……。
そんなことを考えたり。
確かに怖いかも……。忘れたことをのぞき込むような怖さを感じる……。

司馬遼太郎だったかなー、優れた詩人の心の奥底には、
かならずその人の幼年時代が、丸まるとして存在している、
みたいなことを言っていて(力一杯うろ覚え)
この場合の「幼年時代」って、きっと無知のことですね。
無知のポジティブな面? 幸福の記憶というか……。

彼女が丸まるとしたまま、同時に大人でもあるように成長していけるのか、
それとも、止まったまま幽霊になるのか……。
それがエラーの辛さに大きく関わってくるんだろうなー……
読んでてそんなことを思いました……。
  1. 2010/12/06(月) 16:01:20 |
  2. URL |
  3. basi #eMBpdwmo
  4. [ 編集 ]

No title

私は、「無知」って悲しいというか怖いと感じてしまうんですよね。
だって何にも知らないから、危険な領域までズカズカ踏みこんでしまうし
知らない方がいいことまで知ろうとしてしまう。

私にとっての無知のイメージは、食虫毒か不治の病で死んだ子かな?
だって食中毒やインフルエンザが流行る時期に特にエラーがぐずり出すんですもの。
  1. 2010/12/06(月) 15:30:35 |
  2. URL |
  3. アルセりお #klq26XPE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

……… 本館サイト ………

マインドパペット
マインドパペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。