FC2ブログ

マインドパペット日記

MIND PUPPET BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファラン

オロカのオリジン、ファラン考察。性質は「バグだらけの秩序」。Twitterの鍵アカから転載。
DMQj4LCV4AUe28k.jpeg

ファランは「不完全な秩序」。「不完全なものは補完しなくては」という強迫観念があり、完全を目指して自他を改革しようとする。けれど完全なものなどこの世に無くて混乱する。その混乱を収める為に生まれたのがオロカ。人間社会のパターン認識を得意とし、その場の上下関係や善悪観、道理に適応する。


DJxcrWNUEAAqUNX.jpeg

オロカは群れの中の上下関係をすぐに察し、自分のポジションに収まる事で安全を確保し、混乱を回避する。下になれば可愛い弟分、従順な弟子、有能な部下、縁の下の力持ちになろうとし、上に立てば面倒見のいい親分、人を導く師匠、組織の為に自己犠牲する上司、弱者を守るヒーローになろうとする。

人間社会にはファランの考えるような秩序は無い。1+1=2とは限らず、変わりやすく矛盾に満ち、ファジーで曖昧だ。その中でオロカは何とか頼りになるマニュアル……「道理」を探そうとする。人道だとか男道だとか。恩義だとか良心だとか。そしてそれを自他に適応する。

けれどそれは絶対的な善悪では無い。限られた時代の狭い文化の中だけで通じる道理だ。その場その場の処世術でしか無い。オロカは違う価値観にぶつかると混乱して、より正しく強い「権威」を求める。それが叶わないと価値観の違う相手を攻撃する。けれどその攻撃には根拠が無い。ただの処世術だから。

ファランがなぜ「完全」を求めるかと言うと、幼児的万能感だと思う。胎児が生まれ落ちて自力で生きていけるようになるまでには、実に無数の屈辱があり挫折がある。幼児は日々、自分が不完全だと思い知らされる。その不完全を許さず完全を求めるのがファランで、諦めて適応しようとするのがオロカだ。

オロカの根性や努力は劣等感保障から来てるけど、その劣等感は「自分は完全じゃない」って事だと思う。それは生きてる以上どうしようもない事だけど、オロカは自分と他人を比較して劣等感を感じる。その劣等感を埋める為に人の評価を求め、実力以上に頑張り、社畜になったり過労死したりする。

生きている以上どうしようもない不完全さ……ファランはその不完全さを生きながら完全に近づけようとし、誰々丸は「じゃあ死ね」と言う。オロカは不完全さを渋々受け入れ、汚れてもいいから目の前の世界に適応しようとし、ケガレは不完全で雑駁なダイナミズムにこそ価値があると言う。




  1. 2018/02/12(月) 20:33:45|
  2. オリジン

……… 本館サイト ………

マインドパペット
マインドパペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。